犬種の特徴は、
血統書発行団体の規定に沿った内容です。


毛色等はその種に認められた規定になります。
体高、体重などは基本的なサイズとして規定に近いほどスタンダードに近いと言えますが、
近年の平均的なサイズを表しているものではありません。

家庭で飼われている犬・猫のサイズが、
規定より大きすぎる場合や、又は、小さすぎる場合、
それが健康に大きく影響を与えるものではありません。

犬のサイズに関係なく、健康管理は飼われる方の、
日頃から愛情持って接することで、体調の変化などに、
素早く気づき、対応していただくことが、何よりも重要です。


 

「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典」より(最終更新 2011年11月10日 (木) 14:21)

ウェルシュ・テリア

ェルシュ・テリアは、ウェールズ地方原産のテリア犬。
特徴:

体高約38cm、体重は10kg前後のテリア犬。特徴は近縁のエアデール・テリアに準ずるが、やや小柄。

もとウェールズで古くから家畜の番などに使役されていた犬種で、第一次世界大戦後の品種改良ブームで現在の品種に固定された。

現在のウェルシュ・テリアは実用犬だったころより遥かに容姿が優れ、主に愛玩犬として飼育されている。

短く硬い巻き毛が全身を覆い、全身は黄褐色、背中にちょうど馬の鞍のような形の大きな黒い斑があるなど、体の大きさ以外はエアデール・テリアと瓜二つで、よく混同される。