トイプードル特有の病気って?
◆膝蓋骨脱臼(パテラ)
トイプードル特有の病気として一番にあがってくるのが、俗に言うパテラという膝の病気です。
後足の膝の部分の間接がきちんとした状態になっていないまま、成長してしまい、膝の間接が外れやすくなってしまいます。
これは先天性の場合と外傷などの原因による後天性とがありますが、やはり気をつけなければならないのが、先天性のパテラです。
先天性でなくても、トイプードルはパテラになりやすい特有の病気といわれておりますので、
・フローリングのようなツルツルした部屋で飼うのではなく、コルクマットや絨毯などの滑り止めがあるような部屋で飼う
・子犬を選ぶ前に、パテラの可能性がないのか、予めブリーダーに確認する
・部屋の中だけで飼うのではなく、適度な運動をさせる

などの対応が必要です。

◆外耳炎
トイプードルのような耳がペタっと垂れている犬は、耳の内部が湿りやすく、細菌が繁殖しやすい環境です。そのため、炎症を起こして耳を異常に掻いていたり、耳を振ったりといった動作をします。
そのような動作をしているのであれば、一度獣医さんの診察を受けたほうが無難です。
外耳炎予防は、定期的に耳の掃除(イヤークリーナー)を行う必要があります。
トリミングなどを利用する場合は、トリミングのついでに耳の掃除をお願いすれば、トリマーさんは
行ってくれますので、耳のケアもしっかり忘れず行いましょう。

◆毛玉
毛玉は病気ではありませんが、毛玉を多く作りますと、毛玉から雑菌が繁殖し、悪臭や病気の原因となります。トイプードルの被毛はただでさえ絡まりやすい毛質をしておりますので、定期的にトリミングを行うことをオススメします。

◆副腎皮質ホルモン分泌異常(クッシング)
副腎皮質から分泌されるホルモンが過剰に分泌されることにより、発症していまう病気です。
これもトイプードルに多い病気になります。
症状としては「水を大量に飲む」、「頻尿」、「体重減少」、「抜け毛」などが挙げられます。
もしご飯をたくさん食べているのに、どんどん体重が減っていて、水も大量に飲むようになった場合は、注意が必要です。