犬種の特徴は、
血統書発行団体の規定に沿った内容です。

毛色等はその種に認められた規定になります。
体高、体重などは基本的なサイズとして規定に近いほどスタンダードに近いと言えますが、
近年の平均的なサイズを表しているものではありません。

家庭で飼われている犬・猫のサイズが、
規定より大きすぎる場合や、又は、小さすぎる場合、
それが健康に大きく影響を与えるものではありません。

犬のサイズに関係なく、健康管理は飼われる方の、
日頃から愛情持って接することで、体調の変化などに、
素早く気づき、対応していただくことが、何よりも重要です。


「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典」より( 最終更新 2011年11月14日 (月) 11:12 )

ノーフォーク・テリア

ノーフォーク・テリアは、イギリスを原産国とする犬種。犬のグループ分類では「テリアグループ」に属する。

歴史 :

イギリスの農村でネズミやキツネなどへの狩猟用として古くから使われてきた。そのため元々は農村部でのみ飼育される犬種だったが、現在では都市部でも飼育されるようになった。
 この節は執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
特徴 :

平均的な体高は雌雄ともに約23cmから約25cmで、体重は雌雄ともに5kg弱程度にしかならない。テリアグループの中では特に小さい犬種の一つで、同じ「テリア」の名を持つ犬種の中ではヨークシャー・テリアの次に[1]小型の犬種。
大きくなっても25cm程度にしかならない小型犬だが、天候の変化には比較的耐えやすく、どんな天候でも小動物を執拗に追跡する姿から原野の「小悪魔」の二つ名で呼ばれている。

脚注 :
 ただし、現在のヨークシャー・テリアは「トイグループ(チワワやポメラニアンなど愛玩用の犬種が含まれるグループ)」に属している