犬種の特徴は、
血統書発行団体の規定に沿った内容です。

毛色等はその種に認められた規定になります。
体高、体重などは基本的なサイズとして規定に近いほどスタンダードに近いと言えますが、
近年の平均的なサイズを表しているものではありません。

家庭で飼われている犬・猫のサイズが、
規定より大きすぎる場合や、又は、小さすぎる場合、
それが健康に大きく影響を与えるものではありません。

犬のサイズに関係なく、健康管理は飼われる方の、
日頃から愛情持って接することで、体調の変化などに、
素早く気づき、対応していただくことが、何よりも重要です。

ボストン・テリア


「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典」より(   最終更新 2011年12月10日 (土) 17:11    )

 

 

ボストン・テリア(英: Boston terrier)は、アメリカ合衆国原産の小型犬。

特徴 :

立った耳と短い尻尾、そして短い鼻を持った小型の犬である。

短毛で、毛色は黒と白である場合が多いが、赤や茶の毛も含まれることがある。胸、首の周り、前脚の下半分、後足の飛節から下、口吻と目と目の間が白いことが望ましいが、白毛の部分が目に接しているのはよくないとされる。

体高は38~48cm、体重は5~11kg前後である。

19世紀後半にボストンで作出された犬種で、ブル・アンド・テリアとフレンチ・ブルドッグの血を引いている。

知能は高く、温厚な性格とその毛色から、「アメリカ犬界の紳士」「タキシードを着た紳士」「小さなアメリカ紳士」とも呼ばれている。