健康的で上質な子犬を直販価格で!
子犬販売情報
  • HOME »
  • 子犬販売情報 »
  • ウェルシュ・コーギー・ペンブローク

ウェルシュ・コーギー・ペンブローク

ウェルシュコーギー ブリーダー・子犬販売

全国のブリーダーさんのもと元気いっぱいに過ごしているウェルシュコーギー(コーギー)の販売情報になります。
日々ブリーダーさんが更新されていますので、現在希望のウェルシュコーギー(コーギー)販売情報が見当たらない方は随時サイトをチェックして下さい!
もちろん、ウェルシュコーギー(コーギー)の具体的なカラーや性別、こだわりの特徴がある場合は、ウェルシュコーギー(コーギー)の販売情報からの問合せではなく、直接当店まで連絡下さいませ。
当店がブリーダーより必要な情報を確認致します。
電話:070-5560-5834
mail:info[@]puppysring.com
 
ウェルシュコーギーってどんな犬?
ウェルシュコーギーの特徴、性格、将来サイズなどウェルシュコーギーについて知りたい方は、ぜひウェルシュコーギーの特徴をチェックしてください!
きっと飼う前の参考になると思いますよ。
ウェルシュコーギーの特徴へ
ご希望のウェルシュコーギー(コーギー)をお探しします!
ご希望の特徴や毛色のコーギーが見つからない。
このコーギーをもっと詳しく知りたい、このコーギーを飼ってみたい!
そういった方は、ぜひ当店の「ワンテッド」をご利用下さい。
送信料は一切無料なので、安心してご利用できます。
WANTEDを利用する
また、メールや電話からでも問い合わせを受付けていますので、どうぞご連絡下さい。

 ■TEL:070-5560-5834
 ■E-Mail:info[@]puppysring.com(メールは24時間受付)
 
全国優良ブリーダーの中から厳選したコーギーの情報をお届けします
Puppy'sRingでは、”子犬の発育にあった販売”をモットーに、生後55日までブリーダーのもとで親犬や兄弟犬とのびのびと過ごしているコーギーのみを販売しております。
ですので、掲載している情報は全国の提携ブリーダーからのコーギーの販売情報となります。
直接見れないデメリットもありますが、子犬の発育に不可欠な”社会化期”を経験していない子犬は問題行動に出やすく、飼育も返って難しくなります。そういった問題行動をとりやすい子ではなく、お引渡し直前まで母犬や兄弟と一緒に過ごした子を将来の愛犬にされては如何でしょうか?

引渡しの際にワクチン証明書、生体保証書を同封致します。()
気に入ったコーギーやコーギーについてご質問がありましたら、どうぞお問合わせ下さい。

mail:info[@]puppysring.com (24時間受付)
お急ぎの方は℡:070-5560-5834までご連絡下さい。
電話が繋がらない場合は、こちらのメールでも受け付けております。
mail: puppysring[@]dk.pdx.ne.jp
※犬の引渡し期間によって、生体保証書の送付が前後する場合があります。
 

ウェルシュコーギー・ペンブローク特徴

犬種の特徴は、
血統書発行団体の規定に沿った内容です。


毛色等はその種に認められた規定になります。
体高、体重などは基本的なサイズとして規定に近いほどスタンダードに近いと言えますが、
近年の平均的なサイズを表しているものではありません。

家庭で飼われている犬・猫のサイズが、
規定より大きすぎる場合や、又は、小さすぎる場合、
それが健康に大きく影響を与えるものではありません。

犬のサイズに関係なく、健康管理は飼われる方の、
日頃から愛情持って接することで、体調の変化などに、
素早く気づき、対応していただくことが、何よりも重要です。


 

「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典」より(最終更新 2011年12月21日 (水) 23:10)

ウェルシュ・コーギー・ペンブローク

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークは、犬種の1つ。原産地はイギリスのウェールズで、牧畜犬として活躍していた。イギリス王室で古くから飼われていたことでも知られる。

似た犬種に、ウェルシュ・コーギー・カーディガンがある。1930年代に、イギリスやアメリカで、別々の犬種として初めて登録された。

日本では、紅茶飲料水のCMの影響からか、ペンブロークは人気の犬種として毎年上位に名が挙がっている。

特徴:体型:

胴長で短足、骨太、非常に短い尻尾を持つ。尾は生まれつき無い場合もある。耳がピンと立っている。体重は10~15kg。本来は筋肉質で体力に富む。体毛はダブルコートで保温力に優れ、毛色はレッド、フォーン、セーブル、ブラックタン、トライが主。
尻尾:

尻尾の長さは犬種スタンダードに含まれないため、尻尾は生後数週間で切断(断尾)されるのが一般的であった。元々ウェールズで牧畜犬として働いていた際、主に世話をするのは羊よりも牛の方が多く、牛に尻尾を踏まれて怪我をすることを避けるために、ウェールズのペンブルックシャー州で尻尾を切る習慣が始まったためである。

切断の方法は、尻尾の根本をバンド状のもので締め付け、人為的な血行障害をおこさせて行う。尾骨の関節で切断されるため、実施方法によっては完全に根本から切断されず、ごく短い尻尾が残っている個体もみられる。従来、生後数週間であればこの方法によりほぼ無痛で断尾ができると考えられたが、近年では子犬でも痛覚が発達しており負担がないとは言いきれないとの指摘もあって、動物愛護の観点から断尾が見直される傾向があり、いくつかの国では断尾を禁止する法律も施行されているが、日本ではコーギー=尻尾が短い、または無いと言うイメージが多いためか、多くは断尾されている。(ペットとして飼うなら尻尾を切断する必要は特別ない、との見方もある)

ペットショップなどでは断尾されている状態で売られている事がほとんどのため、もともと尻尾が短い、または無いと誤解されがちだが、本来は長くふさふさしたキツネのような尻尾がある。一説によれば、コーギーの断尾は耳も尻尾も毛の色も似ているキツネと間違えないようにするため、とも言われている。
特徴:性格:

    とても活発で運動が大好き。
    頭がよく、物覚えが良い。好奇心も旺盛だが、もともとヒーラー(牛や羊などのかかとに噛み付いて、吠えながら追いかける)として繁殖された犬種のため、散歩中の飼い主の足に噛み付くこともある。
    社交的で飼い主にも従順な面もあるが、神経質な個体では咬傷事故もしばしばあり、家庭犬としては向かない個体も多い。
    警戒心が強いので吠えることも。
    身体的特徴・警戒心の高さから、獣医泣かせな犬でもある。

カーディガン種との違い:

    一般的に、ほとんどのペンブロークは断尾しているが、本来はカーディガンのような長い尻尾がある。
    カーディガンと比べ、興奮しやすく落ち着きがない。
    歴史はカーディガンの方が古い。ペンブロークについては、正確な発祥はわかっていない。一説によると、ベルギー北部のフラマン人がウェールズ地方に連れて行った犬が祖先であるといわれる。

飼育上の注意:

    食欲旺盛で太りやすく、食べ物に対する執着は強い。そのため飼い主による食事の加減と毎日の運動が欠かせない。
    寒い地方の原産のため、高温多湿の日本の夏には比較的弱い。同じ理由により、皮膚にトラブルを持つ個体も比較的多い。
    太ると脊椎、特に腰椎に負担がかかるのはカーディガンやダックスフントと同じ。また、階段での運動、フローリング等の滑りやすい床での運動は、腰椎に負担をかけるので注意が必要。それに加えコーギーは活発で運動好きな性格のため、全てのコーギーは腰回りと脚に爆弾を抱えているともいえる。
    毎日朝晩の十分な運動は必要だが、動くものに強く反応するため車やバイクなどに突進することもある。
    運動と食事管理には飼い主の協力が欠かせない。
    毛はダブルコートで二重構造になっており、夏場の地面からの照り返しには十分な注意が必要である。また、抜け毛が非常に激しいため室内飼育の場合は、衛生環境を確保するのに頻繁な掃除が必要となる。
 

ご希望の子犬お探しします

画像をクリック!

安心の生体保証

お客様の笑顔

当店でご購入されたお客様写真の代表的なものを掲載しております。

全国子犬出産情報

相互リンク募集中!

Puppy'sRingではただ今相互リンクを募集しております。 詳しくは下記ページよりご確認下さい。
相互リンク募集ページへ

Twitterフォローお願いします!

Puppy’sRingブログ情報

PAGETOP
Copyright © ブリーダー・子犬販売!Puppy’sRing All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.