健康的で上質な子犬を直販価格で!
子犬販売情報
  • HOME »
  • 子犬販売情報 »
  • 初めて子犬を飼う

初めて子犬を飼う

子犬を購入する前に確認したい事!

子犬を購入する際に確認したい事!

気に入った子犬が見つかり、契約を済ませてから自宅につれて帰って見たら、
あれっ!?

こんな所にデベソやある・・・

噛み合わせが悪い・・・

血統書がついてない・・

など、購入したうれしさからその場ではすっかり忘れてしまい、自宅連れて帰ってから、
気付いたり、後日来るべきものが来なかったりと色々なケースが起きております。
気になった子犬と出会い、購入する前に、ペットショップやブリーダーに確認したい事をまとめてみました。

デベソ、鼠径ヘルニアの有無確認

デベソは文字通り、おへそが出ている状態です。
スムースコートの子犬はお腹もしっかり見えるので、すぐに分かりますが、ロングコートの子犬が案外見落としがちです。
ですので、子犬を見る際、一度お腹をさすってみると、デベソがある場合は、すぐ分かりますので、確認してみて下さい。
ただし、デベソがあるから=即異常というわけではありません。
手術の必要性のあるケース以外は、デベソだからといって健康に影響を及ぼす事はないようですので、最近は一つの個性として手術をしない場合もあるそうです。


鼠径ヘルニアは、内臓が子犬の内股部分にはみ出てしまい、ぽこっと膨らんでいる状態の事を指しますが、これはぱっと見で分かるケースもありますが、分かりづらいケースもあります。
そういった場合、子犬の後ろ足を持ち、ピーンを伸ばした状態にしてあげると、鼠径ヘルニア部分がぽっこりを膨らんでおりますので、判断することができます。
手術の有無については、獣医さんの判断が必要となりますが、気になる場合はブリーダーさんやペットショップの方に購入前に鼠径ヘルニアの有無を見てもらうことをオススメします。

噛み合わせの状態確認

これは外見から明らかに分かるケースもありますが、大体分かる程ひどい状態であれば、事前にかみ合わせについて説明があるかと思います。

・鋏状咬合
上あごの門歯と呼ばれる(人間の前歯にあたる)歯が、下あごの門歯の前に覆う状態で、正しい咬み合わせの事です。

・水平咬合
上あごの門歯と下あごの門歯がぴったり重なってしまうことをいい、レベルバイトとも呼ばれています。

・オーバーショット
上あごの門歯が下あごの門歯の間に隙間ができるほど、前に突出している状態です。
これは人間でいう所の出っ歯にあたる状態です。

・アンダーショット
これはオーバーショットの逆を指しており、下あごの門歯と上あごの門歯との間に隙間ができるくらい下あごが突出している状態です。
ただし、ブルドッグなどの一部の犬については、アンダーショットが正常の状態である犬種もあります。

犬の噛み合わせについては、歯が綺麗に生えている状態でないと分かりづらいし、また顎の成長と共にずれてくるケースもあり、一概に購入した時点で決定付けることが難しい部分もありますが、少なくとも今明らかにおかしくはないのか、チェックしておいた方がいいでしょう。

ドッグフードの分量、銘柄の確認

以外と見落としになるのが、これです。
ドッグフードは、いろいろなメーカーもありますし、どのメーカーも子犬用があるから大丈夫でしょうなんて、ついつい聞き忘れてしまう事ありませんか?
確かに、子犬用のドッグフードですので、変わらないようにも思えますが、子犬は新しい環境による不安から、食欲が減退してしまう事もあります。
ただでさえ緊張して減退している中で、今まで嗅いだ事もないような餌を置かれたら、益々食べなくなるかもしれません。
当店ではお引き渡しの際には、いつもドッグフードの銘柄と分量、回数をご案内しております。
それも、緊張している子犬が慣れない臭いのドッグフードで食欲が減退しない事を考慮してそのようにやっているもあります。
※もちろん、ブリーダーが栄養状態を考慮して選んだドッグフードを進めるという面もあります。

一見何てこともない話ではありますが、やはり子犬の負担を減らす意味でも初めの頃は同じ銘柄のドッグフードを与える事をオススメします。

回数や量についても同様です。
過去に聞いた話ですが、Mダックスフンドを飼われた方が、引渡しの頃に聞いた分量を守らず、更に人間の食べるチキンナゲットを美味しそうに食べるからといって、オヤツ代わりに食べさせた結果、10kg越えるようなおでぶな犬にしてしまい、こんな大きくなる犬なるとは聞いてないとクレームを入れた方もいたそうです。
逆に別の大型犬ですが、引渡しの頃に聞いた分量も成犬近くになってもきっちり同じ量を与えた結果、痩せた冴えない犬に仕上がってしまったというお話もあります。

食べ盛りの子犬は与えれば与える程食べますし、逆に成長に合わせて分量を変えないと栄養不足になってしまいますので、お引き渡しの際にはどのように与えていけばよいのか、確認した方が良いですね。

子犬を迎えるにあたって準備するもの

子犬を迎えるにあたって準備するもの

自分の環境に合った犬種を見つけて、運命の子犬を出会ったら、次に子犬を迎える準備をしなければなりません。
ただ、子犬を迎える準備といっても、正直何を準備したらよいか、またどこまで揃えたらよいか分からないですよね。
運命の子犬を選んだものの、準備の段階で躓かないようにするために、子犬を迎えるのに必要なもの、またサークルの設置方法、ペットショップやブリーダーに確認する事など簡単にまとめてみました。
これから子犬を迎える準備の際に、ぜひお役立て下さい!

■最低限用意するものはこれだけ!

よく当店で子犬を購入されたお客様から、子犬を迎えるのに犬服のサイズやお散歩用のリード、キャリーバッグなど色々をご質問を受けます。
確かに、犬服やリードなど、いずれ必要にはなってきますが、お迎えする日にご用意する必要はありません。
また、子犬を日々どんどん成長していきますので、子犬の段階でいろいろと揃えてしまうと、サイズ違いになったり、結局不必要だったりしますので、子犬を迎えた段階では、最低限必要なものだけまずは揃えましょう。
そして、必要になったら徐々に買い与えていくようにしたほうが、お財布にも優しいです。

サークル(ゲージ)
子犬の住まいですね。これは用意して下さい。
小型犬や、中型犬でしたら、90cm×60cm程度のサークルがあれば、大人になっても十分活用できます。
サークルはできれば、屋根がついているタイプがオススメですが、ない場合は、上に物が落ちてこないように配慮して設置してあげてください。

大型犬となりますと、日常はサークル内で飼育というわけにはいきませんが、将来的には寝床になる事を想定して、やはり大きめのサークルをご用意するのが良いです。
下で紹介しているサークルはゴールデンレトリバーの子犬でもしっかり飼うことができるサークルですので、大型犬の子犬を飼うならこちらのサークルがオススメです。


・サークルの設置方法
サークルの設置方法についていろいろお客様からご質問を受けますので、設置の方法について簡単にご紹介します。

 
サークルを設置する際、サークル内スペースをトイレ用、寝床と半分に分けてください。
トイレスペースにはトイレシートだけおくのではなく、トイレトレーを使用したほうが、微量のおしっこの臭いが残るため、トイレのしつけにも便利です。

寝床にはクッションなど柔らかい素材を活用するのも手ですが、クレートなどを使って寝床にしたほうが、ハウストレーニングや旅行時にペットホテルへ預ける際、非常に便利です。

給水用のホルダーは、トイレスペース側に設置して下さい。
サークル設置時の配置例

トイレトレー&トイレシート
サークルを用意しましたら、次には避けては通れないもの、トイレです。
トイレスペースはサークルの設置例で掲載してあるとおり、半分のスペースに入るレギュラーサイズのシートタイプがオススメです。
よくトイレシートだけで済ませてしまう方もいらっしゃいますが、トイレトレーを活用する事をオススメします。
トイレのしつけの際、子犬はおしっこの臭いがする箇所に再度トイレをしようとしますので、新しいシートだけですと、おしっこの臭いがないため、粗相する可能性があります。
トイレトレーがあると、ついたおしっこを掃除しても、微量な臭いが残っているので、子犬も安心してそこでおしっこをします。

給水容器、ドリンク
給水容器ですが、巷で人気のウォーターノズルタイプと通常の深皿タイプがあります。
ウォーターノズルタイプは、サークルの脇に設置し、ペットボトルをつけるだけですので、
子犬が誤って容器から水をこぼすことがなく、取り外しが簡単なメリットがあります。
深皿タイプについては、子犬ではなく成犬や中型サイズの子犬にはオススメです。
ウォーターノズルタイプは、どうしても1回で飲める量が少ないので、深皿タイプの方が、しっかり飲めることと、歯石予防にも良いといわれています。
大型犬種については、言うまでもなく深皿タイプがオススメです。
ただ、ウォーターノズルタイプとは異なり、子犬が誤って水をこぼしてしまう可能性がありますので、設置する際は、サークルの角に設置して下さい。

クッション、クレート
クッションは犬用クッションや犬用ベッドという名前でホームセンターやペットショップ、ネット通販でも売っております。
もちろん犬用クッションもオススメではありますが、当店では更に一歩進んで、クレートをベッド代わりにして飼育することをオススメしております。
犬用クレートは、超小型犬用から中型、そして大型犬ようのバリケンネルまで様々なものがあります。
中型サイズや大型サイズですと、半々でクレートまで入れるのは難しいですが、小型犬でしたら、クレートもすっぽり入るように設置できますので、クレートの中に毛布やクッションなどを入れて、日々クレート内部で寝かせるように癖をつけさせてください。
そうすると、子犬はクレート内が一番安心できる場所へと代わりますので、お留守番する時に、地震が起きたりしたら、すぐにクレート内部へ逃げるようになり、またペットホテルや病院へ連れて行く際にもクレートに入れていけば、犬も安心します。
旅行をよくする方や、日中仕事などで子犬の面倒がみれない方などはクレートを用いたサークル設置が便利です。

ペットフード
これがなくては犬を飼う事ができません。
市販ではたくさんのメーカーのフードがございますが、まずは子犬が現在食べているフードの銘柄を子犬を購入したペットショップやブリーダーさんから確認して下さい。
特に指定がなかったり、聞きそびれた場合は、当店にて販売している子犬がよく食べているフードの銘柄をご紹介します。

ロイヤルカナン ミニ スターター マザー&ベビードッグ(10kg未満対象)
ロイヤルカナンのパピー用はブリーダー曰く、毛艶が全然良くなると絶賛している程です。
10kg未満対象は白に緑のラインが入ったパッケージですので、分かりやすいと思います。
一方大型犬の方は、白いに青のラインが入ったパッケージです。
他のメーカーのフードより少しお値段は張りますが、値段に見合った質の良いフードです。

ヒルズ サイエンスダイエット パピー用
当店で販売している子犬の中で、最も多く使われているのが、ヒルズのサイエンスダイエット パピー用です。
ブリーダーは通常ではなく、もう1ランク上のプロタイプを使用しておりますが、通常タイプでも十分です。
ホームセンターやドラッグストアにもよく陳列しておりますので、買いやすい銘柄のフードです。
他にも、アイムス 子犬用 チキン、ユーカヌバ 子犬用などもサイエンスダイエットと共に人気の高いフードです。


ざっとですが、最低限必要なものをご紹介しました。
後は、冬場であればペットヒーター、夏場であれば、犬用冷却シート、爪きりなどがあれば
便利です。

初めて子犬を飼う前に(間違えない犬種選び)

初めて子犬を飼う前に (間違えない犬種選び)

どの犬種も子犬の頃は小さく、目もつぶらで可愛らしいですよね。
特にペットショップなどでは、様々な犬種の子犬が展示されているので、皆同じように見えてしまい、購入した後に、どんどん大きくなって手に負えなくなってしまった・・、なんというお話も聞きます。
確かに子犬はどの犬種も可愛らしく、あのサイズのままであれば、どの環境においても飼う事は可能ですが、飼い主さんの生活環境にあってないサイズの犬や、マンションやアパートなどの集合住宅で狩猟犬、番犬気質を持っている犬を飼ってしまい、吠える声で近所迷惑になってからでは大変です。
そうならないためにも、まずは自分の住んでいる環境がどのようなものであるか、また犬に対してどれ程時間を割くことができるのか、アレルギーはもっていないか、掃除はこまめにできる自信はあるかなど、一度振り返る必要があります。

■住宅環境に合っている犬種を選ぶ

マンションやアパートなどの集合住宅に住んでいる
マンションやアパートなどの集合住宅にお住まいですと、部屋の大きさや、吠える声が大きかったり、臭いが強かったり、抜けた毛が舞って、ご近所の干している洗濯物についてしまったりと、迷惑がかからないか心配ですよね?
そういった心配事にもしっかり対応できる犬種といえば、やはり小型犬種がぴったりです。
特に、抜け毛も少なく昔から日本でも親しまれてきたマルチーズや、シーズーヨークシャーテリアです。
そして、今でも人気ナンバーワンな犬種、トイプードルですね。
これらの犬種がなぜ集合住宅にも安心して飼えるといいますと、まずサイズがどの子も5kg未満(平均)で、抜け毛も少なく、あまり吠えないからです。
トイプードルは活発な子もいるため、一概に皆吠えないわけではございませんが、狩猟犬や番犬気質のある犬と比べて、ぎゃんぎゃん吠えるようなこともなく、吠えるとしても遊ぼうとして吠える程度です。
中型の犬でしたら、ウェストランドハイホワイトテリア(ウェスティ)や、ミニチュアシュナウザービションフリーゼもオススメです。
更に、最近人気上昇しているミックス犬ですが、小型で抜け毛も少ない、チワワとトイプードルのミックス犬チワプー、マルチーズとトイプードルからのミックス犬マルプー、キャバリアとトイプードルのミックス犬キャバプー、アメリカンコッカースパニエルとトイプードルのミックス犬コッカプーはオススメです。

抜け毛についてしっかりお掃除して対応できるのであれば、小型犬ならチワワキャバリア・KC・スパニエルパグ、中型犬なら、フレンチブルドッグアメリカンコッカースパニエル、最近のペットタイプの柴犬(※)もオススメです。
大型犬はどうしても大きさの問題や、声の大きさなどから敬遠されがちですが、スタンダードプードルは文字通り、プードルですので、抜け毛も少なく、またギャンギャン吠えるタイプでもないため、集合住宅でも飼えます。
更に、ゴールデンレトリバーも、両親犬が予め住宅街の環境に慣れていると、生まれる子犬も同じような性格に育っていきますので、抜け毛は多めですが、飼う事は可能です。
そして、ゴールデンレトリバーとスタンダードプードルから生まれたミックス犬、ゴールデンドゥードルはまさに大型犬でも、抜け毛の心配が少なく、性格もゴールデンレトリバーのように懐っこい子が多いので、オススメです!


一戸建ての家に住んでいる
一戸建ての家に住んでいるのであれば、マンションやアパートなどの集合住宅程、心配する必要はないですが、とはいえ、やはり近所に迷惑をかけるような犬では困りますよね。
犬種も小型から大型まで飼育する事も可能ですが、大事な事は、その犬の親がどんな性格の持ち主なのか、ブリーダーから買うなら、犬種についての特徴を確認して、自分が飼う事が可能なのか、しっかり考えてから飼うのがベストです。

■サイズ別、オススメの犬種

それぞれの住宅環境において、問題となってくる面やそれに対して適応できる犬種をサイズ別にまとめてみました。
これから犬を飼おうと検討している方、参考にしてみて下さい。

抜け毛が少ないオススメ犬種一覧

・小型犬
マルチーズヨークシャーテリアトイプードルシーズー
チワプー(チワワ×トイプードルミックス)マルプー(マルチーズ×トイプードルミックス)、
チワマル(チワワ×マルチーズミックス)キャバプー(キャバリア×トイプードルミックス

ウェストランドハイホワイトテリア(ウェスティ)ビションフリーゼミニチュアシュナウザー

・大型犬
スタンダードプードルゴールデンドゥードル(ゴールデンレトリバー×スタンダードプードルミックス)

抜け毛ありオススメ犬種一覧

・小型犬
チワワキャバリア・KC・スパニエルミニチュアダックスフンドパグポメラニアン
チワックス(チワワ×Mダックスフンドミックス)チワポメ(チワワ×ポメラニアンミックス
柴犬(ペットタイプ)

・中型犬
アメリカンコッカースパニエルフレンチブルドッグシェットランドシープドッグペキニーズボストンテリア

・大型犬
ラブラドールレトリバーゴールデンレトリバー、サモエド、ダルメシアン


柴犬を飼う前に注意すること
最近はペットタイプの柴犬が多くでてきているので、柴犬=飼いやすいイメージなっていますが、本来は番犬や狩猟にも同行するなど、勇猛果敢な犬であることが好ましいとされてきました。そのため、そういった本来の気質を大切に扱っている犬舎で、ペットタイプをイメージしたまま購入したりすると、予想していたものは正反対な柴犬になりますので、注意が必要です。
柴犬を飼うときには、親犬を見てから判断する事をオススメします。

ご希望の子犬お探しします

画像をクリック!

安心の生体保証

お客様の笑顔

当店でご購入されたお客様写真の代表的なものを掲載しております。

全国子犬出産情報

Puppy’sRingブログ情報

PAGETOP
Copyright © ブリーダー・子犬販売!Puppy’sRing All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.