健康的で上質な子犬を直販価格で!
子犬販売情報
  • HOME »
  • 子犬販売情報 »
  • ポメラニアン

ポメラニアン

ポメラニアン ブリーダー・子犬販売

全国のポメラニアン・ブリーダーの子犬販売情報です!
掲載しているポメラニアンは、皆お引き渡しの直前までブリーダーのもとにて、親犬や兄弟犬と一緒に過ごしており、子犬の発育に必要な”社会化”を経験しております。

ブリーダーの犬舎の近くにお住まいでしたら、ブリーダーのもとにて子犬を見学することができますので、ご見学ご希望の子犬がみつかりましたら、ポメラニアンの画像をクリックし、問合せフォームよりお問合せ頂くか、
電話:070-5560-5834までご連絡下さい。
もちろん、遠方の方においても、空輸、陸送での対応も可能ですので、気になるポメラニアンがおりましたら、
どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。
ポメラニアン 全国ブリーダー 子犬販売情報
Puppy'sRingでは、当店にてご購入頂きました全てのポメラニアンの子犬に対し、
お引渡しから3ヶ月間の生命と健康の保証をお付けしております。
ポメラニアンを購入したいのであれば、心身ともに健康であることはもちろんでありますが、
万が一の保証の時も安心して対応してくれる店舗を選びたいですよね?
保証の詳細は、こちらをクリックしてチェックしてください。
ご希望のポメラニアン お探しします!
ご希望の特徴や毛色のポメラニアンが見つからない。
このポメラニアンをもっと詳しく知りたい、このポメラニアンを飼ってみたい!
そういったお客様は、ぜひ当店の子犬お探しサービスである「ワンテッド」をご利用下さい。
送信料は一切無料なので、安心してご利用できます。
無料子犬お探しサービス
WANTEDを利用する
また、メールやお電話からでも問い合わせを受付けておりますので、どうぞお気軽にご連絡下さい。

 ■TEL:070-5560-5834
 ■E-Mail:info@puppysring.com(メールは24時間受付)
◆◆◆ ポメラニアンの特徴◆◆◆
●ポメラニアンのカラー
ポメラニアンは、チワワのように様々なカラーがあります。
ポメラニアン オレンジカラーポメラニアン ブラックカラーポメラニアン チョコカラーポメラニアン パーティーカラー
オレンジカラーブラックカラーチョコカラーパーティー

代表的なオレンジ、クリーム,パーティーから、チョコレート、ブルー、ブラック、ウルフセーブルなど、本当にたくさんあります!中でも定番のオレンジ、クリームカラーはとても人気が高いです。

●ポメラニアンの性格
よくポメラニアンは吠えやすく、興奮しやすい犬を言われますが、飼い主はとても従順で、甘えん坊な性格をしている子が多いです。さらに、遊びもとっても大好きな犬で、ぴょんぴょん飛び跳ねるように走り回る姿は、本当に愛らしいですね。
またポメラニアンは他の犬に対しても極端に攻撃的ではないので、多頭飼育にも向いております。
ポメラニアンは吠えやすく、興奮しやすい一面はたしかに持ち合わせていますが、子犬の頃からしつけを施してあげれば、とても飼いやすい犬になります。

●ポメラニアンの魅力
ポメラニアンの魅力といえば、なんといってもその丸々綿毛のような体に、大きなくりくり目ではないでしょうか?
トイプードルもヌイグルミのような愛らしさを持っておりますが、ポメラニアンもこの丸々ヌイグルミのような体格は
本当に愛らしいです。
また喜怒哀楽が顔にでやすいのか、表情がとても豊かなところがポメラニアンの魅力です。

●ポメラニアンの標準サイズ
ポメラニアンの標準サイズですが、3kg程度が理想な体型と言われており、大体平均して、4kg程度までになります。毛がモコモコして大きめに見えますが、実際、ポメラニアンの体はとっても華奢ですので、見た目よりもずっと軽いです。
他にもポメラニアンの特徴等を知りたい方は、ぜひポメラニアンの特徴ページをチェックしてください。特にこれからポメラニアンを飼いたい方にはきっと参考になると思いますよ!
ポメラニアン 特徴へ
全国優良ブリーダーの中から厳選したポメラニアン情報をお届けします
掲載している全てのポメラニアンに血統書をおつけします。
また、お引渡しの際にワクチン証明書、および生体保証書をお付けします。()
気に入ったポメラニアンのお問合せやポメラニアンについてのご質問がありましたら、
どうぞお気軽にお問合わせ下さい。

mail:info[@]puppysring.com (24時間受付)
お急ぎの方は℡:070-5560-5834までご連絡下さい。
お電話が繋がらない場合は、こちらのメールでも受け付けております。
mail: puppysring[@]dk.pdx.ne.jp
※子犬のお引渡し期間によって、アベニュー生体保証書の送付が前後する場合があります。

ポメラニアン特徴

犬種の特徴は、
血統書発行団体の規定に沿った内容です。

毛色等はその種に認められた規定になります。
体高、体重などは基本的なサイズとして規定に近いほどスタンダードに近いと言えますが、
近年の平均的なサイズを表しているものではありません。

家庭で飼われている犬・猫のサイズが、
規定より大きすぎる場合や、又は、小さすぎる場合、
それが健康に大きく影響を与えるものではありません。

犬のサイズに関係なく、健康管理は飼われる方の、
日頃から愛情持って接することで、体調の変化などに、
素早く気づき、対応していただくことが、何よりも重要です。


「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典」より( 最終更新 2012年1月2日 (月) 08:53

ポメラニアン

ポメラニアンは、犬の品種(犬種)の一つ。祖先犬は、スピッツ系に属する他の犬種と同じく、サモエド(アイスランドやラップランドのソリ犬)であると言われる。ポメラニアンという名前は、原産地のバルト海南岸の、3つの川に囲まれた低地であるポメラニア地方にちなんでいる。現在のポメラニア地方は、大部分がポーランドに、一部がドイツに属しており、この地方では古来よりさまざまなタイプのスピッツ系の犬種が飼育されていた。ポメラニアンは体躯の小ささから愛玩犬 (en:toy dog) に分類される犬種だが、もともとはジャーマン・スピッツのような中型のスピッツから品種改良を重ねて小型化された犬種である。国際畜犬連盟からもジャーマン・スピッツの一品種に分類されており、多くの国でツヴェルク・スピッツ(小さなスピッツ)として知られている。
ポメラニアンが流行犬種となったきっかけは、17世紀以降多くの王族が飼育を始めたことによる。とくに愛犬家として知られるヴィクトリア女王が小さな体躯のポメラニアンを愛好し、熱心に繁殖させたことによってポメラニアンの小型化に拍車がかかり、世界的な人気犬種となっていった(一説には1888年、女王自らがこの犬をイタリアから持ち帰ったともいうが、一般にはもう少し以前からイギリスで飼われていたと考えられる)。ヴィクトリア女王の存命中にポメラニアンの大きさはそれまでの半分程度にまで小さくなった。概してポメラニアンは頑健で丈夫な犬種といえるが、膝蓋骨脱臼と気管虚脱を発症することがある。また、まれにではあるが、俗称「黒斑病 (black skin disease)」と呼ばれる遺伝性の皮膚疾患による脱毛症に罹患することもある[1]。アメリカでは近年飼育数がつねに上位15位までに入っており、世界的な小型犬の流行に一役買っている犬種となっている。


概説 :
ポメラニアンは体重1.9 – 3.5kg、体高13 – 28cmという小型犬である[2]。小さいながらも丈夫な犬種で、粗く豊富な被毛と長い飾り毛のついた巻尾を持つ[3]。首と背はひだ飾りのような、臀部は羽飾りのようなトップコートが密生している[4]。
最初期のポメラニアンの毛色はホワイトがほとんどで、まれにブラックが見られた。ヴィクトリア女王は1888年にレッドの被毛を持つ小さなポメラニアンを飼育しており、19世紀末までこの毛色のポメラニアンが流行するきっかけとなった[5]。現在のポメラニアンはあらゆる犬種中、ホワイト、ブラック、ブラウン、レッド、オレンジ、クリーム、セーブル、ブラック・アンド・タン、ブラウン・アンド・タン、スポット、ブリンドル(虎毛)、そしてこれらのカラーのコンビネーションと、もっとも多様な毛色を持つ犬種となっている[6]。なかでもオレンジ、ブラック、クリーム、クリーム、ホワイトが一般的な毛色である[3]。
単色の被毛をベースに、ブルー、グレイの斑模様が点在するパターンであるマール (en:Merle) の被毛を持つポメラニアンは近年になって作出された。ベースとなる被毛はレッド、ブラウン、ブラックが多いが、その他の毛色も見られる。ただし、ブリンドルマールとレバーマールはスタンダードとして認められていない。さらにマールの被毛の場合、瞳、鼻先、肉球の色が他の毛色のポメラニアンとは異なり、瞳はブルーで鼻先と肉球はピンクとブラックの斑模様となる[7]。
ポメラニアンの被毛は密生したダブルコートで手入れそのものは難しくはないが、密生しており、抜け毛も多いため飼育者は毎日ブラッシングすることが望ましい。トップコートは長く粗い直毛で、アンダーコートは短く密生した柔らかい被毛である。被毛はもつれやすく、とくにアンダーコートは年に二回換毛するため、この時期には抜け毛が多くなる[8]。
性質 :

ポメラニアンは友好的で活発な犬種で、飼い主とともにいることを喜び、仲間の保護意識も旺盛である[9]。飼い主に強く依存し、躾がされていない場合には飼い主と離れることに激しい不安を感じることがある[10]。環境の変化にも敏感なため新しい外的刺激に対して吠えやすい傾向にあり、放っておくと無駄吠えの癖がついてしまうことがある。縄張り意識も若干強く、外部からの騒音にも激しく反応する[10]。とはいえ、ポメラニアンは知性豊かな犬種で躾が入るのもはやく、飼い主が適切な飼育をするならば素晴らしい家庭犬となる[9]。


健康 :

全般 :
ポメラニアンの平均寿命は12から16歳程度で[11]、適切な食餌と運動を与え、定期的に被毛のトリミングを実施しているならば問題はほとんどなく、丈夫な犬種である[12]。純血種には罹病しやすい特定の疾患があり、たとえば股関節異形成は多くの純血種に共通の疾患だが、ポメラニアンは体重が軽いためこの疾患にかかることはまずない[13]。ただし、被毛、歯、耳、眼の手入れが適切ではない場合、健康上の問題が発生する可能性があるため、定期的なケアが望ましい[14]。
知られている疾病 :
毛色がマールのポメラニアンでは軽度から重度の、難聴、高眼圧症、屈折異常、小眼球症、虹彩欠損症を発症しやすい。両親ともにマールのポメラニアンから産まれた犬であれば、さらに骨格異常、心臓異常、生殖異常のリスクが高まる[15]。膝蓋骨脱臼はポメラニアンでは比較的多く見られる症例で、先天性異常や外傷によって発症する[13]。

気管虚脱は気管支障害に起因する呼吸障害で小型犬に多く見られる。通常であれば筒状になっている気管支が扁平化して、気道をふさいでしまう症例で、ガチョウの鳴き声のような咳(喘鳴)が特徴であり、運動に耐えられず、短時間の失神、高温下、運動中、興奮時の咳の悪化といった症状を伴う[16]。
ポメラニアンは抜け毛、メラニン色素沈着を伴う「黒斑病」と俗称される皮膚病に罹患することがある。雌犬よりも雄犬に発症する傾向があり、遺伝的疾患ではないかと考えられている[1]。性成熟期以降に発症することも多いが、あらゆる年齢で発症する可能性がある。黒斑病と類似した症状を呈する疾病としてクッシング症候群、甲状腺機能低下症、慢性皮膚感染症、生殖ホルモン疾患があげられる[1]。
その他、雄のポメラニアンに見られる疾病として停留睾丸がある[17]。この場合、停留している睾丸を外科手術で摘出する必要がある[17]。
歴史 :

起源と逸話 :

現在のポメラニアンの祖先は極地原産の大きな使役犬で、中世ドイツ語で「尖った(鼻)先」を意味するスピッツあるいはウルフスピッツと呼ばれていた。「スピッツ」はもともと16世紀のエベルヘルト・ツー・ザインの宮廷で犬の鼻やマズルを意味する用語として用いられていた言葉だった。ポメラニアンはこれらのジャーマン・スピッツが祖先であると考えられている[18]。
ポメラニアンという名称は、バルト海に面したポーランド北西部からドイツ北東部にあたるポメラニア地方にこの犬種が関係していると思われることにちなんでいる。この地方はポメラニアンの直接の原産地ではないが、現在のポメラニアンのもととなる犬種を繁殖し続けていたと考えられている。しかしながらイギリスに導入される以前のポメラニアンについての正確な記録は残っていない[18]。
ポメラニアンに関する最初期の記録は1764年11月2日のもので、ジェイムズ・ボズウェルがドイツとスイスを旅行していたときの日記の「フランス人男性がポメルという名前のポメラニアンを飼育しており、非常に可愛がっていた」という記述である[19]。他に、ウェールズ人博物学者トマス・ペナント (en:Thomas Pennant)が1769年の著作「スコットランド旅行記」に、ロンドンの商人がポメラニアンとオオカミを交配させた子孫のことを記述している[20]。

二人のイギリス王族がポメラニアンの改良に大きな役割を果たしている。1767年にイギリス国王ジョージ3世の王妃シャーロットが二頭のポメラニアンをイングランドへと持ち込んだ。フィービーとマーキュリーと名づけられたこれらの犬はトマス・ゲインズバラの絵画にも描かれている。現在のポメラニアンよりも大型で、伝わっている話では14 – 23kg程度の体重といわれているが、豊富な被毛、立ち耳、背中に巻いた尾など、現在のポメラニアンと同様の外見で描かれている[18]。
シャーロットの孫にあたるイギリス女王ヴィクトリアもポメラニアンを愛好し、大きな繁殖犬舎を所有していた。ヴィクトリアお気に入りのポメラニアンのなかに、体重5.4kgと伝えられる、小柄でレッド・セーブルの毛色をした「ウィンザー・マルコ」という名前のポメラニアンがいた。ヴィクトリアが1891年以降ウィンザー・マルコを展覧会に出陳したことによって小型のポメラニアンが人気となり、繁殖家たちがより小型のポメラニアンの作出を目指すきっかけとなっている。そしてヴィクトリア存命中の時点で、ポメラニアンの大きさはすでに半分以下になっていた[18]。ヴィクトリアはヨーロッパ各地から様々な毛色の小さなポメラニアンを輸入して自身で繁殖し、ポメラニアンの改良と人気の高まりに一役買った[21]。ヴィクトリアのほかにポメラニアンを飼育していた当時の王族には、フランス皇帝ナポレオンの王妃ジョゼフィーヌ・ド・ボアルネや、イギリス王ジョージ4世らがいる。
ポメラニアンの愛好クラブがイングランドに設立されたのは1891年のことで、1898年にアメリカのアメリカンケネルクラブに最初のポメラニアンが登録され、1900年には犬種として公認されている[18]。
1912年に客船タイタニック号が沈没したときに生き残った犬が三頭いるが、このうちの二頭がポメラニアンだった。そのうちの一頭はマーガレット・ヘイズが飼育していた「レディ」で、7号救命ボートにヘイズとともに乗り込んで難を逃れた。もう一頭はエリザベス・バレット・ロスチャイルドの飼育犬で、6号救命ボートに飼い主とともに乗り込んで生き残っている[22]。
1926年に開催されたウェストミンスター・ケネルクラブ・ドッグショー (en:Westminster Kennel Club Dog Show) の愛玩犬 (en:Toy Group) クラスで、グレン・ローズ・フラッシュウェイが出陳したポメラニアンがチャンピオンを獲得した。これがウェストミンスターでポメラニアンが最初に賞を獲得した記録である[18]。そして1988年の同ドッグショーで、グレート・エルムス・プリンス・チャーミング2世という名前のポメラニアンが、ポメラニアンとして初の全クラスの総合チャンピオン犬 (en:Best in Show) を獲得している[23]。
国際畜犬連盟による犬種のスタンダードが1998年に改定され、ポメラニアンはキースホンドとともにスピッツ、ジャーマン・スピッツのカテゴリに分類された[24]。このスタンダードによればポメラニアンなど「スピッツ系は魅力的」であり「ユニークな個性と気取った外観」であるとしている[24]。
人気 :
アメリカではポメラニアンは人気犬種で、アメリカンケネルクラブの登録頭数は2000年から2010年にかけて上位15位以内に入っている[25]。日本でも1999年から2010年にかけて、つねに上位10位以内に入っており、2007年からは上位5位以内となっている[26]。一方、イギリスでは2007年と2008年には上位20位にも入っていない[27]。オーストラリアでは1986以来人気が減少しており、1987年にオーストラリア・ナショナル・ケネル・カウンシル (en:Australian National Kennel Council) の登録頭数は1987年の1128頭がピークで、2004年には491頭、2010年にも561頭の登録にとどまっている[28] 。
2008年のアメリカ各都市別のランキングでは、デトロイトでアメリカン・ブルドッグ (en:American Bulldog) と並んで10位[29]、オーランドでも10位[30]、ロサンゼルスで9位[31]、シアトルでアメリカン・ブルドッグと並んでの7位[32]、ホノルルではラブラドール・レトリバー、ジャーマン・シェパード・ドッグに続く3位など、大都市部で高い人気を誇る犬種である[29]。

ご希望の子犬お探しします

画像をクリック!

安心の生体保証

お客様の笑顔

当店でご購入されたお客様写真の代表的なものを掲載しております。

全国子犬出産情報

Puppy’sRingブログ情報

PAGETOP
Copyright © ブリーダー・子犬販売!Puppy’sRing All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.